暮らしづくりの会社を探すなら、まずはiejob -いえじょぶ-!

 掲載をお考えの企業様はこちら/企業ログイン

いえじょぶ就活アドバイス!|いえじょぶ-住宅業界特化型就活サイト

iejob column

いえじょぶ就活アドバイス!

第14回 創業●年はあなたにとって何なのか?

更新日2019.4.5 フェイスブックいいねフェイスブックいいねtweettweet

「いえじょぶ就活アドバイス!」へようこそ!


Hundreds Colorsです。


このコラムは、就活やどんな大人になりたいかをフワッフワッと考えている大学生、短大生、専門学校生のみなさんへ”全力暖かスタンス”でお届けします!


今日は、「創業●年はあなたにとって何なのか?」ってことについて。


お伝えしたいのは、「創業●年はあなたの入社動機には関係ない」ということ。


突然ですが、「伝統」という言葉の定義言えますか??
伝統を辞書で調べてみると「ある集団・社会において、歴史的に形成・蓄積され、世代をこえて受け継がれた精神的・文化的遺産や慣習。(大辞林第3版)」とあります。


では、ここで質問を1つ。
「伝統」って、過去、現在、未来の中でどこのこと指している言葉でしょうか?


間違いなく、「伝統=過去」でしょ!
「創業●年目」というのは、その企業のみなさんが社会に対して一生懸命仕事をした結果であるということです。
これから入社するあなたにとって、企業が続いてきたんだ!という安心感にはなるかもしれませんが、入社の動機にはならないということです。


みなさんは何に焦点を合わせる必要があるのか?
それは、当たり前すぎますが、「未来」です。


だから、企業は未来に対してどのような軸を持っているのかを知る必要が出てくるわけですね。


それが、どこでわかるか?


2つあります。


1つ目は、自分の仕事ストーリーをもった上で、その企業の「経営理念」というものを読んでほしい。そして、自分の言葉でその理念が意味することを解釈してほしいのです。


2つ目は、しつこいですが、その企業の社長さんまたは採用担当者に直接話を聞きに行ってみたらどうでしょう?そこで、身を乗り出して聞いてほしいのは、「社長さん(またはその企業)自身がこれからどのようなことをしたいのか?」


その時間軸の長さと自分の仕事ストーリーのフィット感を肌で確かめよう!ということです。


ところで、もしかしたら、周りはエントリーシートの下書きとか始めてる?


でも、焦らない、焦らない。
なぜ、このような話をするかというと、現代はVUCA時代であるからです。


VUCA時代って聞いたことあるかもしれないけど、環境の変化が早いから「これがあれば、しばらく安心!」ということは起きにくいから。ちなみに、VUCAとは次の4つの頭文字をつなぎ合わせた言葉です。


「Volatility(激動)」


「Uncertainty(不確実性)」


「Complexity(複雑性)」


「Ambiguity(不透明性)」


エントリーシートを周りが準備し始めているときにVUCAの時代の話をするのは、今の時流を観察した上で、入社してからの時間軸を展開してほしいから。


つまり、「時流+自分が目指す過程」という人がいたとしたら、高い確率で印象に残ると思いませんか? さらに、あなたも「熱い思い」を持っているから前向きな就職活動になるよね。


最後に、経営理念を読んで、あなたに持ってほしい時間軸は「企業の歴史の長さよりも、あなたがその企業をあと何年くらい存続させて人の役に立っていきたいか?」ということです。


その未来時点から逆算した上で、あなたは発展途上の1つの過程としてこれから仕事をしようとしているんです。


はい!今回の全力暖かスタンスはここまで。


次回は、「応募動機が企画職? クリエイティブな仕事がしたい?」です。


それでは、今日も絶好調keepでね!

ページトップ
ページトップ